--

お客様各位
平素は格別のご愛顧を賜り厚くお礼申し上げます。3月11日に発生いたしました、東北地方太平洋沖地震で犠牲となられた方々のご冥福をお祈りいたしますとともに、被害にあわれた皆様に心よりお見舞いを申し上げ、一日も早い復興を祈念いたします。弊社は九州にも拠点を置いており、こちらでは下記のような不足している物資も若干ながらご用意できそうですのでお問い合わせいただければと存じます。可能な限り調達し、物資の配給にご協力させていただきます。※個人でのご利用につきましてもご相談ください。

●トイレットペーパー ●衛生用品(マスク、消毒液など)●インスタント食品 ●軍手 ●その他(ご要望をお聞かせください)

また、ご要望に対し、充分な量や品目をご用意できない場合もございますが、まずは一度、下記連絡先までご相談ください。尚、配送エリアや商品においてご対応できない場合もありますのであらかじめご了承ください。TEL. 0120-959-055

「声明」
現在、進行中の福島原発の事故への対応に関して非常に憂慮しております。沈静化へ向けて動いている作業員及びその関係者の方には心から敬意を表します。又避難エリア その周辺の方についても心の痛い思いでおります。現在、シーベルト(放射線の単位)などについて報道されておりますが、レントゲンなどの瞬間的な暴露と生活などによる継続的な暴露は根本的に異なる事を理解頂きたいと思います。その上で日本科学者会議における声明がでましたので本HPで掲載させて頂きます。サイエンスを基礎としたVISONを持つ弊社として現在の状況を憂慮して声明を出させていただきます。2011/03/16